不動産のSEO【WEBサイトの構造とSEO対策が取りやすい部分】

Pocket

こんにちは。

セブンイレブンの。
「夏のおでん」
「冬のアイスクリーム」

常識を疑って、常識にとらわれない戦略を実行した結果。
他のコンビニエンスストアも真似をし、コンビニではこれが常識に。

「非常識→進化→成功→常識」

夏は冷房のせいで寒ずぎたり、冬は暖房のせいで暑すぎたり。
そんなお客様視点で、常識と真逆の事をしてマーケットを作ったのです。

「それは無理だ。」
「そんな商品は売れない。非常識だ。」
「そんな事をしたら、とんでも無いことになる」

こうなると、勝手に思い込んでしまい何も実行しようとしなくなります。

やりもせずに。

自分でコントロールできない事に悩んでいても、時間が経過するだけです。

まずは、少しでもやってみて、改善していけばいいのです。

「売れなかったら、どうするのか?」

売れるような方策を次々に考えて実行に移すだけです。

「それでも売れなかったら、どうするのか?」

また、次の施策を考え、実行するだけです。


優秀な経営者は必ず、このように語ります。

セブンイレブンのように。

不動産のSEO:Webサイトの構造をみてみる

Webサイトには色々な構造があります。
よくみられるWebサイトは

【直線型】
単純なWebサイトの構造で、LPに特化しているWebサイトです。LPから購入や申し込みに誘導知るような1ぺーじ構成のWebサイトです。SEO対策は取りにくいので、このページに訪問してもらうには集客はリスティング広告などになります。

【階層型】
小規模から中規模までのWebサイト。カテゴリ分類。
訪問者がどこから入ってきても、ゴールに導くことができます。階層が多くなりすぎると導線が複雑になるので、4階層以内にします。(ECサイトなど)

【ハブ&スポーク型】
コンテンツに上下関係がなく、情報はまとまりがありません。計画的な対策は取りにくいので、ユーザーが目的のコンテンツにたどり着けないことがあります。(SNS、note、日々の情報を発信していくブログなど)

【ファセット型】
複数の検索条件で目的を絞り込んでいける構造です。属性分類。不動産サイトの場合などは物件がエリア、価格帯、最寄駅、築年数などの条件で分類できるので物件や商品が多いWebサイトに適しています。(不動産サイト、ECサイトなど)

※階層型に検索機能やタグを使って、ファセット型のような検索性を入れたり、階層型にハブ&スポーク型のブログを入れたり、複数の構造が混在することも。

計画的にWebサイトを設計する場合には、階層型を基本として、必要に応じてそれぞれの型を入れ込んであげると効果がでやすくなります。


こんな感じで、サイト設計の段階でどんなWebサイトにするのか?

その構造を踏まえて、キーワードなどを割り振っていきます。

キーワードの反映とSEOの効果:ここは大事です

キーワード対策やSEO対策に大きな予算を投じられるならば、ビックキーワードを狙っていけますが、そうでない場合にはスモールワードやミドルワードを狙った方が成果が出やすくなります。

競合が少ないキーワードを狙って、コツコツを記事を積み重ねていくとそれぞれのキーワードを合わせる事で集客が見込めるようになってきます。

✔️ビックキーワードは、まとめページやTOPページなどに入れていきます。
✔️スモールキーワードは、基本的には1ページに1キーワードずつ入れていきます。

→【関連キーワードの洗いだし】についてはこちらの記事でまとめていますのでご参考にしてください

→【キーワード選定】についてはこちらの記事でまとめていますのでご参考にしてください

 

Web構造とSEO対策:ここも大事です

構造によってSEO対策が違ってきますので、簡単ですがまとめてみました。

【構造の違いによるSEO対策】
・直線型
→SEO対策は取りにくい

・階層型
→より上の階層でSEO対策が取りやすい
(内部リンクが集中しやすい)

・ハブ&スポーク型
→ハブ(TOPページ)でSEO対策が取りやすい
(外部リンクが集中しやすい)

・ファセット型
→検索結果ページでSEO対策が取りやすい
(内部リンクが集中しやすい)

SEO対策が正しくできているか?:ツールでチェック

SEO対策が正しくできているのか?
時々、チェックをしながらみていきましょう。

有料ツールもありますが、無料ツールでも簡単に操作できるので初心者に方も安心です。

たくさんあるので、インターネットで検索してみてください。

🔘簡単に操作できるおすすめSEOチェックツール

・seo check tool

・itomakihitode


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう