不動産のSEO【サービス名や商品名での検索してみた件】

Pocket

こんにちは。

今朝。
玄関で私の靴は水浸しになっていました。

昨日の台風の影響で、玄関扉から浸水したのかしら・・・。
いえ、玄関の扉側は濡れていないのに内側の方から濡れています。

雨が浸水したのではなく、うちから水が出ている?

・水廻りからの漏水?
・外壁やサッシなどからの浸水?

水道メーターを見てもメーターは回ってはいない。
ルーフバルコニーなどからの漏水でもなさそう。

下階にも漏水などしていたらそれこそ、大変です。

結局。
目視では漏水している事しかわからずに
原因までは判明はしないので、後日床下にファイバースコープを入れて覗いてみることになりました。

よりによって台風の翌日に漏水なんて。

この何やら原因が分からない時点では、個人賠償保険に加入していてよかったと。
ただただそう思うのでした。

原因が判明すれば、取るべき対応もはっきりしてくるので、この原因不明で漏水箇所も不明の状態がいちばん不安定な状態なのです。

Webサイトを専門サイトにする【中長期的な戦略です】

検索結果では
Amazonや楽天などの商品のページなどの順位は、いい傾向にあります。

・Webサイトのボリュームが大きく
・商品説明などのオリジナリティもあり
・ドメインのパワーが強い
からです。

このようなボリュームのWebサイトに対抗するのは難しいので、Webサイトを専門化する事で評価を高めていきます。


1つのWebサイトを専門家する事で、キーワードの検索数は少なくなりますが、競合サイトも少なくなるので

 上位表示の可能性は上がっていきます。 

商品ごとに少し見ていきます。

・Google検索で「壁紙」と検索してみます。
楽天のパワーを活用しつつ、楽天市場の壁紙の販売サイトが上位表示されてきます。
→「壁紙」のみのキーワードのWebサイトでは難しそうです。

・Google検索で「カーテン」と検索してみます。
楽天のカーテン市場は3位です。1位と2位はカーテン専門店の通販会社が上位表示されています。
→Webサイトの専門化がうまくいっています。

・Google検索で「システムキッチン」と検索してみます。
楽天は3位ですが、1位はLIXILで2位はタカラが上位表示されています。
→Webサイトの専門化がうまくいっています。

Webサイトを専門化サイトにしていくことで、戦いやすくなります。

たとえば、不動産の比較サイトや紹介サイトなどをいくつか立ち上げて、最終的に大きな総合サイトに発展させていくようなイメージです。

このような構築方法で、小さく立ち上げて中長期的に大きな集客ができるようになります。

【上手くブログを活用している事例】

・個別の商品ブログの上層にある本サイトの評価を高めている 
・商品ブログを紹介する紹介用のブログを作成している
・商品名をブログタイトルにして、関連ブログ同士をリンクしている
・カテゴリーごとの比較サイトを作り、ポータルサイトの評価を高めている

大きなテーマのブログは最初は難しいです

最初から大きなテーマでのWebサイトやブログは、集客が難しいです。
ブログは簡単に記事を更新して増やしていけるので、本サイトの価値を高めるように設計しておくことが大切です。

不動産のWebサイトの価値を高めていくには、他のサービスや関連ブログ同士をリンクさせたり、サービスの比較サイトを作ったり、住まい関連のブログを作ったりと、その企業にあった方法で価値を高めていけばいいのです。

このように他方からの情報の質を高めていく事で、Webサイトの価値を高めていくことができるのです。

おすすめのプラグイン

・記事を複製してくれるのでブログの投稿がしやすい→duplicate-post
・アイキャッチ画像を自動で生成してくれる→auto-post-thumbnail
・設置したい場所にリンクを表示してくれる→link-library


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう