不動産会社の集客でよく使われるチラシに注目!?

Pocket

こんにちは。真木です!

不動産会社のオフラインでの集客でよく使われているのは、郵送でのDMやチラシだと思います。そして不動産のチラシやDMを上手に活用できないかと考えている方は多いと思います。

Googleで「不動産会社 チラシ」のキーワードで画像検索をすると、不動産投資セミナー、空き家の相談、大家募集、キャンペーンのお知らせなど不動産会社の向けのさまざまなチラシデザインが表示されてきます。

「行政 封筒 広告 不動産」で画像検索をすると、市役所や区役所などの窓口封筒の不動産会社の広告デザインが表示されてきます。

最近は、こうやってGoogleの画像検索でチラシデザインを見比べることもできるようになってきました。

画像検索だけで見るとよくある広告やチラシという印象で、特に変化は感じられないかもしれませんが、最近はチラシ単体としてではなく効率よくチラシを活用していると感じます。

ここでは、オフラインのチラシの最近の傾向や、オフラインとオンラインの組み合わせ方などを考えながら、自社でどう活用していけばいのか検討するきっかけにしていただければと思います。

不動産会社のチラシってどんな内容?

Google画像検索より


ポストに投函されているチラシや不動産会社からのDMなどを見ると、これまでのように表面に簡単な挨拶文、裏面に査定FAX送信用紙という単純なチラシは少なくなっています。


〜よくある不動産会社の中古物件仲介のチラシでは〜

「この地域で物件を探しているお客様がいますので、売却はお任せください」

「○○区で専有面積と間取りと予算を記載し、○○区でお探しのお客様のご紹介です」

「売却査定(訪問査定)では、Quoカードプレゼント」

「スマートフォンで簡単査定/簡易査定は即日回答」

「仲介手数料30%OFF」

「スピード買取りします/買い替えで売れない場合、当社が買取ます」

「買い替え先を豊富にご用意」

「独自の販売方法で販売します」

「コンパクトな生活に住みかえよう」

「ハウスクリーニング&室内除菌キャンペーン(売却依頼で無料実施)」

「リサイクル回収キャンペーン、草刈りキャンペーン(売却依頼でどちらか無料実施)」

このようなフレーズを見かけます。

これ以外にも「売却後の住み替えのサポート」「買取購入の立て替え」「相続税の立て替えのサポート」や「建物保証」「設備修理」など、サービス内容が充実している大手企業に有利なチラシやDMが多いという印象です。

そして、コロナによるテレワークの需要、地方移住への関心の高まりなどからの住み替えの提案やリフォームの提案などが増えています。

やはり、大手さんのチラシはよく考えられていて、伝えたいキーワードやフレーズを適度に散りばめるザイオンス効果などが使われています。

ザイオンス効果で、同じ言葉が目に触れることで「重要な言葉」なのだと認識するようになってきます。よく使われるのは「秘密遵守」「有効活用」「相続」「アドバイス」「相談」「無料」「コンサルティング」「暮らしの提案」「お気軽に」などです。

あまり使いすぎないように適度に入れるのがポイントです。

他の業界のチラシの特徴もみておきます

オフラインのチラシがオンラインに負けてしまうという現象が起こっていますが、それは不動産業界に限ったことではなく他の業界でも同じことがいえると思います。

他の業界のチラシからもヒントになることはありますので、他業種からも自社の強みを活かせるようにチラシやホームページなどの参考にもしていきましょう。

例えば、トレーニングジムのチラシでは、東京都の「感染防止宣言」のステッカーの画像を入れて、感染対策をアピールすることで予約しやすい雰囲気を醸し出したり

アパレル関係のチラシでは、洋服の画像だけではなく、YouTuber、インスタグラマー、ブロガー、ジャーナリストなどとのコラボにより、SNSへのバーコードが貼られていて、より身近に感じられるようになっていたり

引越し会社のチラシでは、表面には「○○区では1番安い引越しやさん」と大きなキャッチコピー で目をひき、裏面には「○○区民の暮らしをサポートします」のキャッチコピー と○○区引越しガイドとして、引越しの際の転居届けの窓口の情報などを記載し、「永久保存版、いつかお役に立ちます」と引越しの料金は記載せずに、引越しガイドとしてチラシを捨てにくくしていました。

他の業界でも、これまでのように料金、メリット、キャンペーンなどの情報のみから、チラシというより、SNSでもあり、暮らしのガイドでもありとマーケティングやコピーライティングの知識が不可欠になっていると感じます。

オンラインをうまく活用する

チラシの数自体は減っているようなのですが、特定の中古物件のチラシがポスティングされていることがあります。

これまでは物件エリア周辺などにチラシをまき、チラシ内のバーコードやフリーダイヤルなどから問い合わせという流れになっていました。

最近は、特定の物件のチラシを投函したとしても、チラシを見て連絡をするよりも前に物件名でインターネット検索し、チェックしてからその物件を取り扱っている会社を調べて連絡をするという流れになっていると思います。

そうなると、物件名でリスティング広告を打つか、物件名で上位表示されているポータルサイトか大手企業のウェブサイトにユーザーがたどり着くことになります。

チラシの内容を工夫しなければ、オフラインのチラシの効果はオンラインに負けてしまう可能性があります。


モノは試しです。

うちのポストに投函されていた中古マンションのチラシの物件名を、インターネットで検索してみました。

・複数の会社に同物件でリスティング広告を出されている

・この物件の問い合わせのみではなく価格査定にも対応した内容のリスティング広告が出されている
・この物件周辺の別物件で同価格帯のリスティング広告が出されている
・SUMO、ホームズ、東急リバブルなど大手のウェブサイトが上位にきている

ここから読み取れることは、特定の物件名でチラシを出したとしてもチラシをポスティングしている会社は物件名でインターネットでは上位表示されずに、他の会社の広告が貼られている、チラシの物件よりも200万円程安い近隣物件まで広告が貼られているという、三段攻撃をうけることになります。

不動産会社の集客チラシまとめ

紙媒体での反響が低下していることを踏まえると、紙媒体からモデルハウスやモデルルーム、売却査定の流れから、オンライン相談やオンラインセミナー、動画コンテンツ、資料請求、SNSでの見積もりや見学会など、ワンクッションをおくというのがポイントのようです。

もちろんチラシにも工夫が必要です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう