検索エンジンは文脈を、理解している?共起語と関連語

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア

ホームページやブログ、LPなどの制作をするとき「将来性のあるテーマやトレンドを取り入れた方がいいの?」「ライバルのサイトと同じような記事にすれば評価されやすいの?」と、悩むことがあると思います。

テーマやキーワードの将来性を
知りつつ、
トレンドも取り入れていきたい。

情報が上手く伝わっていないの
でウェブサイトの評価が上がり
ません。

ここでは、年間を通してのキーワードの検索需要と検索エンジンに内容を読み取ってもらうための「関連語」や「共起語」などについて見ていきたいと思います。

これまでの検索エンジンは、キーワードを読み取っていたのでキーワードを意識したページを作っていればよかったのですが、文章全体で理解するようになってきているので、文章形式でのクエリを意識したり、文章全体を理解できるようにすることが大切です。

キーワードの将来性をチェックする

まず最初に触れておかなければならないのは「不動産」というテーマの検索需要についてです。一時的に需要が上昇しているものと将来に渡ってアクセスが見込めるのかをテーマごとに確認しておくとよいでしょう。

「Googleトレンド」がわかりやすいので、過去の検索推移と将来の予測を把握しておくことで検索需要を意識できると思います。

Googleトレンドでは以下をチェックすることができます。過去5年間のキーワードの推移をチェックしたり、1年先の検索予想を表示させることができますので、

  • YouTube検索
  • ウェブ検索
  • 画像検索
  • ニュース検索


「マンション」「不動産」「住宅」などのキーワードで検索需要をみていくと、年間を通して検索されていることがわかります。割と安定していて普遍的な継続的なニーズがありそうです。

Googleトレンド「マンション」「不動産」「住宅」比較▼

そして、地域別の比較の内訳を知ることもできます。

地方で比較すると「マンション」というキーワードでは、神奈川県、東京都、大阪府などが多く、「不動産」というキーワードでは、長崎県、鹿児島県、宮崎県が多いようです。地方での検索されているキーワードの違いもみておきましょう。

Googleトレンド地方で比較した内訳▼


キーワードが右肩下がりで下がり率が大きい場合は、避けた方がいいかもしれませんね。


Googleトレンドの急上昇ワードなどから、トレンドをいち早く取り入れることもできます。

検索エンジンは文脈を理解している?

「検索エンジンは文脈を理解しているの?」ということを質問されるのですが、Googleは、文脈やコンテンツの内容から検索意図と合致しているのかを判断しています。

文章全体として内容を把握していますので、それに関連するキーワードを加えると内容を認識しやすくなります。

Bingは、キーワードのみを拾いますので、検索キーワードを直接加えると上位に上がりやすくなります。

共起語ツール2つ

そのページを訪問した人に興味をもって読んでもらえるのが一番ですが、検索エンジンに内容を把握してもらえないと検索されにくいくなるので、把握されにくいページになっているかもしれないと、疑いの目をもってみるといいです。

関連するキーワードとしてあげられるのが共起語で、キーワードに対して「関連性がより強く、出現頻度の高い言葉」のことを指します。

例えば、ハワイを説明する上でよく使われる言葉いえば「ホノルル」「ホテル」「旅行」などです。

無理にキーワードや共起語を入れすぎると読みにくい文章になってしまいますので、適度に共起語を入れることで、伝わりやすくします。


共起語ツール▼

今回のまとめとしては、時間をかけて書いたのに順位が上がらずに誰にも読んでもらえないと、作業時間が無駄になってしまいますので、適度に共起語や関連語を加えるということです。

「読者の視点」と「検索エンジンの視点」という、2つの視点を意識することが大切です。慣れると自然に意識できるようになります。

・Home へ

・不動産集客ブログ

・Profile を見てみる

・不動産のSEO のサービスを見てみる


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう