不動産のSEO【SEO=時間をうまく利用する事:リンクの重要性】

Pocket

こんにちは。

不動産投資のメリットは
「お金に働いてもらう」
「時間を買うことができる」
なのですが。


あなたが日々使える時間は、限られています。

「与えられた時間が等しいのならば、いかにして時間を稼ぐかが勝負だ」と、ある経営者の方は言います。

・他の会社が3日かかるものを1日でできれば、その時間を稼いだ会社の勝ち。

・他の人よりも1日でも早く新しいアイディアにとりかかれば、その分だけ早く市場に対応できる可能性が広がる。

時間をうまく利用した人だけが成功者になれるんだ・・・・・・と。

SEOで時間を稼ぐ【内部リンク・外部リンクの重要性】

「内部リンク」「外部リンク」「被リンク」などの言葉を耳にしたことがあると思います。

内部リンクとは同じWebサイト内でページ同士をつなぐリンクです。

外部リンクとは外部のWebサイトから自分のWebサイトへ張られたリンク(被リンク)です。

では「内部リンク」「外部リンクの」の特徴や使い方について見ていきましょう。

内部リンク】
内部リンクはアンカーテキストにキーワードを含めるのがおすすめです。
・リンク先のページタイトル
・本文の見出しやそれに近いもの

アンカーテキスト自体が、検索エンジンから重要な要素として認識されますので、キーワードを含めるのがSEO的にも大切になってきます。ただし、乱用しすぎて不自然なテキストとなると、かえってマイナスになります。

特に、ウィジェットやフッターメニューなどのリンクが集中している場所で、キーワードの乱用は避けたほうが無難です。

リンクの書き方

<a href =”リンク先URL”> 不動産のSEO無料診断はこちら </a>


【外部リンク】
外部リンクは関連性の低いサイトへのリンクや質の低いサイトへのリンクは、評価を下げることにつながりますので注意が必要です。

Googleのガイドラインでは、特定のリンクに対して「 rel=”nofollow”」の使用について手段の一つとしての事例がありますのでご参考にしてください。

Googleガイドライン rel=”nofollow” を使用する

外部リンクが増える仕組み:AmazonアソシエイトとGoogle AdSenseでリンクが増殖していく件

不動産のSEO-Amazon

Amazonアソシエイトでは生成するリンクに工夫が施されています。

ブラウザからユーザーがリンクをクリックした場合と、検索エンジンがリンクをたどった場合とで、リダイレクト処理を別々にしています。

ユーザーがクリックした場合は、AmazonアソシエイトIDが付与されたURLに転送してから、コンテンツページへリダイレクトします。クローラが巡回した場合は、アソシエイトIDを省略したURL(コンテンツページ)にリダイレクトしています。


別々にリダイレクトをする事で
例えば、3万人が利用している、ある商品にアフィリエイトリンクを張った場合に検索エンジンはその商品ページに対して3万のリンクが張られていると認識します。

SEO施策が施されているアフィリエイトプログラムによって、Amazonアソシエイトのアフィリエイトに参加する人が増え、リンクが増加すればするほど、リンクが増殖していきます。

これど同じ原理で、GoogleAdSenseも利用するユーザーが増えれば増えるほど、リンクがどんどん増えていく仕組みです。

無料ブログなども同じ仕組みになっています。


最近は
不動産のサイトやECサイトなどでもアフィリエイトプログラムを利用してのSEO施策を施す企業が増えてきています。

アフィリエイトは長期的に見れば、効果的なSEO施策とも言えるのです。

検索エンジンが巡回しやすくする内部リンク

訪問者はリンクをたどってサイト内のページを移動しながら、ページを見ていきます。

検索エンジンも、またリンクをたどる事でページを移動しながらインデックスをしていきます。

リンクを作る事で検索エンジンが巡回しやすいリンク構造ができます。

【内部リンクの主なもの】
・グローバルナビゲーション(ヘッダーエリア)
・サイドバー
・フッター
・サイトマップ
・パンくずリスト


検索エンジンが巡回しやすい内部リンクのポイントは・・・。

内部リンクのポイント
・トップページにリンクを集める。
→できれば全てのページからトップページに リンクを張る。(トップページへのバックリンクを最大にして、トップページへの評価を高めます。)

・関連性があるページ同士で相互リンクを張る。(不自然なリンクは×)

・トップページからむやみにリンクを張らない。
→ページが持っている評価をリンク先へ渡すということになりますので、リンク元のページは評価を下げることになります。(トップページから階層を飛び越してのリンクは注意が必要です)

重要な下層ページや上位表示したいページはトップページからリンクを張る。
→検索エンジンは最初にトップページから巡回します。そのため、検索エンジンに評価してほしいページをリンクをするようにします。

・リンク切れがないようにする。
→リンク切れがあると、そこから検索エンジンが先に進めなくなり、帰ってしまうことがありますのでリンク切れの確認をしておきましょう。

SEO施策を施しておくということは。

時間を有効に使うこと。
時間をうまく利用すること。

しっかりと施策を行ってサイト内で改善できることを積み重ねていけば、効果を得られ、裏切られることはないのです。

・Home へ

・マンションブログ

・不動産集客ブログ

・Profile を見てみる

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう