不動産のSEO【モバイルファーストとコンテンツファースト】

Pocket

こんにちは。

スティーブがアップルのCEOに就任して最初に手をつけたのは
「整理整頓を徹底すること」と「会社の方針を社員に浸透させること」でした。

整理整頓として、プロジェクトを10にまで減らし、今すぐに役立つテクノロジー以外は抹消しました。
これまでアップルで様々なテクノロジーを生み出したグループも解体しました。
→直接的な利益を生まない部署は財政面での経営判断として減らしたようです。

そして、世界中のアップル内の喫煙が一切禁止となりました。
→喫煙に行ってなかなか戻ってこない人がいたようです。

さらに、5年間働くと1ヶ月の有給休暇がもらえるという制度を廃止しました。
→この制度を利用して転職活動をする人がいるので人材流出を防ぐ目的だったようです。

こういった中で、突然。
「Think Different」異なった考え方をしよう!
と呼びかけたことは有名です。

この呼びかけで、沈みかけていたアップルのブランドイメージを一気に回復させたのでした。

うまない部署は財政面での経営判断として減らしたようです。

そして、世界中のアップル内の喫煙が一切禁止となりました。
→喫煙に行ってなかなか戻ってこない人がいたようです。

さらに、5年間働くと1ヶ月の有給休暇がもらえるという制度を廃止しました。
→この制度を利用して転職活動をする人がいるので人材流出を防ぐ目的だったようです。

こういった中で、突然。
「Think Different」異なった考え方をしよう!
と呼びかけたことは有名です。

この呼びかけで、沈みかけていたアップルのブランドイメージを一気に回復させたのでした。

モバイルファーストってよく聞くけど【ユーザー目線です】

「コンテンツファースト」
「モバイルファースト」
という言葉を耳にしたことがあると思いますが、一見するとPCサイトから作るのか?スマホサイトから作るのか?

の違いのようにも感じられますが、マルチデバイスに対応したユーザーが使いやすくパソコン用サイトとモバイル用サイトは同等のコンテンツにし、ユーザー目線で最適化していくということのようです。

さまざまなサイズのモバイルに対応するために画面サイズに合ったレスポンシブデザインやモバイルが高速で表示されるAMPなどでWEBサイトの作成をします。


モバイル ファースト インデックス登録のサイトへの影響について

サイトの種類
パソコン専用: パソコン専用でモバイル フレンドリー バージョンが存在しないサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
レスポンシブ ウェブ デザイン: 画面サイズに合わせて調整されるサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
正規の AMP: すべてのウェブページが AMP HTML で作成されているサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
別々の URL: パソコン用 URL ごとに、モバイル デバイス向けコンテンツを配信する別個の URL があるサイト。このタイプのサイトは、「m.」サイトとも呼ばれます。 Google ではモバイル用 URL を優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックス登録に備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。
動的配信: ユーザーのデバイスに応じて異なるコンテンツを配信するサイト。ユーザーには 1 つの URL のみが表示されます。 Google ではモバイル デバイス向けコンテンツを優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックス登録に備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。
AMP と非 AMP: AMP 版と非 AMP 版の両方のページがあるサイト。ユーザーには 2 つの異なる URL が表示されます。 Google ではモバイル版の非 AMP URL を優先してインデックスに登録します。非 AMP モバイル版を動的に配信するか、別の URL を使用する場合は、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

Googleガイドより

→Google モバイルファーストインデックスに向けて準備する

モバイルでの検索って:キーワードは少なめです

モバイルでのキーワードはPCとは少し、異なってくるようです。急上昇ワードやトレンドワードはニュース番組の放送中などにも検索される傾向があります。

タレント名や固有名詞、企業名、番組名などが検索されやすいようです。

「渋谷 wi-fi カフェ」
「新宿 ランチ おすすめ」
「恵比寿 スタバ」
などスマホから検索することが多いと思います。

こんな感じで検索画面の1ページ目が表示されてきます。
地図検索に表示されるようになると、こんなに目立つ所に表示させる事もできるのです。

Googleの地図検索がおすすめ

地図検索にランキングさせる集客方法:Googleマイビジネス

Googleマイビジネスに登録しておくと、通常検索画面では上位表示が難しい「渋谷 wi-fi カフェ」でも
地図検索で1ページ目に表示される事もあります。

家で水漏れが起こったりした場合なども、わざわざ家から遠い会社には行かないと思います。そんな時にもGoogleマップやYahoo!マップから検索する人が多いのです。

簡単に会社情報が登録できて、商品やサービス(クーポンなどもOK)、イベントの情報、写真などもGoogleマップに直接公開する事ができます。そして、検索ユーザーの情報の解析などもできます。

お店の営業時間やあなたのサイトやブログへの誘導もできたり、このマイビジネスから直接、予約や注文などもできるようになります。

簡単な入力で登録できますので、お金をかけなくても上位表示できるのでおすすめです。

Googleマイビジネスがおすすめ

→Googleマイビジネス

ポイント
・お金をかけなくても上位表示できる
・解析機能で検索者の行動ががわかる。サイトの集客力が強まる。
・マップ上のマップ検索で検索される
・レビューにも返信ができる


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう