不動産会社を開業してすぐにホームページのアクセスを集める方法

Pocket

こんにちは。

さまざまな理由で、不動産会社の開業を考えている方が増えています。

「不動産業界で働いていて、将来独立を考えている」
「大家をしていて、不動産会社として開業を考えている」
「公務員や普通のサラリーマンをしていて、退職後に不動産会社の開業を考えている」
「すでに別の事業をしていて、不動産会社との兼業を考えている」

最近は、インターネット中心の集客をする傾向が強いので、出来るだけアクセスの見込めるホームページが必要になってきています。

会社の形態はいろいろとあり
「集客はインターネットではなく店舗で」と考えている方もいるのですが、不動産業界はライバルも多いのでインターネットでの集客は必須になってきます。

開業の流れとしては
・事務所、宅地建物取引士の設置(開業に必要な要件)
・法人の場合は法務局に法人登記、個人事業主の場合は税務署に開業届
・営業保証金の供託をするか保証協会に加盟する
・免許の申請をする(免許がおりたら業務開始)

このような手続きは最低限必要になってきますので、開業と同時にホームページを作成し、SEO対策を施しても検索順位が上がってくるのには、通常は3ヶ月〜6ヶ月程かかります。

開業当社は紹介物件が少なかったり、レインズに登録されている物件を紹介していくという流れになる事が多いのでホームページを作成して6ヶ月間もホームページへのアクセスが見込めない場合、経営の方も厳しくなってしまいます。

その場合には、ホームページへのアクセス流入をするためのブログを作成しておく事で、メインサイトのホームページへの流入や、SEOに効果を高める事にも繋がります。

不動産ブログの目的を決めてブログの設計をします

不動産ブログを作成する場合には、何のために作るのか目的を明確にします。

・メインサイトへの流入を増やすためのブログ

・メインサイトの集客のために別のキーワードで作成するブログ

・メインサイトを特定のキーワードで上位表示させるためのサブのブログ

・その他のブログ

メインサイトをワードプレスで作る場合、SEOの対策も取りやすく簡単に更新できます。

サブとして使うブログは、できればワードプレスで作成するのがいいのですが、無料ブログでも十分に効果が期待できます。

出来るだけ、早く成果を出したいところですが

Googleの評価としては新しいドメインでホームページを作った場合、ドメインパワーが弱いのでいくら素晴らしいコンテンツを作ったとしてもすぐに上位に表示することは難しいのです。

そのため、事前にドメインを取得してブログを作っておくことも視野に入れるべきなのです。

検索ニーズがある記事と役に立つ記事を増やしておく

どのようなブログにしていくのかよく分からないという場合は

・検索ニーズがある記事→アクセスアップに繋がる
・お役立ち情報→コンテンツの評価が上がる

などでブログを作っていくのがおすすめです。

検索ニーズを見ていくには、いろいろなツールがありますが、関連キーワードを拾う事で、様々なキーワードに対応できるブログになっていきます。

今回は「部屋探し」で検索してみます。

この無料ツールを見るだけでも、キーワードリスト(実際に検索されているキーワード)を参考にコンテンツを増やしていく事もできますし、Yahoo!知恵袋などでどんなお悩みがあるのか知る事もできます。

こんなお悩みがあるようです。
・ 春から大学に進学予定。推薦入学なので合格発表が一般に比べて早い。いつごろから部屋探しをすればいいのか知りたい。
・引っ越し日から逆算して、いつごろから部屋探しをすればいいのか知りたい。
・初めて一人暮らしをするので、部屋探しのポイントが知りたい。
・部屋探しの手順がわから無いので知りたい。

まずは、ブログでは検索ニーズがある記事やお役立ち情報などでコンテンツを作り、アクセスをあげておく。そして開業時にホームページを開設した時に、ブログのパワーをホームページにつなける事で、ホームページの評価を上がりやすくSEOも効きやすくしておくのが無難な方法です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう