不動産ブログのキーワード【詰め込みすぎはかえってマイナスに】

Pocket

こんにちは。

アメリカの大統領で不動産王でもあるドナルド・トランプは、これまで大きな投資をする時は、自分にこんな質問を投げかけていました。

「最悪の場合は、どうなってしまうのか?」

このように考える事で、不安な感情を感じる事もなく大きな投資を進める事ができたのです。

人生には不運な事も、よくない事も起こります。

感情的にも悪い方向に向かってしまったり、不安にかられて起こったことの意味付けを無駄にネガティブにしてしまう事もあります。

心が辛いと感じる感情は、このネガティブな意味付けによって起こります。
ドナルド・トランプのように大きな投資をするには(ネガディブな感情に勝つには)どうすればいいのか?

過去の出来事の意味付けを変えるだけなのです。

ホームページやブログの検索結果が急に落ちてきた時

会長!ブログを定期的に更新しているのに、検索結果が急激に落ちてきたのですが、こんな時はどうすればいいのでしょうか?
不動産会社のホームページやブログは上位表示されないと営業にも支障が出てしまうので心配ですね。サイトのリニューアル時やペナルティを受けた時は大幅に下がりやすくなるんだ。

ホームページやブログが予期せずに、急に検索結果が下落する事があります。

・競合のWebサイトが特定のキーワードで対策をしてきたとき
・検索エンジンにクロールされていないなど
・キーワードの詰め込みすぎやキーワードの設定ミス
・リダイレクトの設定ミス(ページが表示されない)
・低品質なリンクやスパムサイトからのリンクでペナルティを受けているとき
・不自然なアンカーテキストになっているとき
・ソースコードに重大なエラーがあるとき
・定期的にコンテンツの更新をしてないとき

 Googleの検索エンジンは常に向上していて、新しい検索技術が追加されたりと常に変化しています。 
Webサイトのリニューアルなどでサイト全体に影響を与える変更をした場合に、一時的に検索結果が下落する事があります。


・新しい検索技術が追加された場合は→それを考慮していく事で対処できる
・サイトリニューアルなどで一時的に下落した場合→ほとんどの場合はすぐに回復してくる

キーワードの詰め込みすぎはマイナスになる事も

大幅に順位が下がった場合は、Googleのガイドラインに違反していないかサーチコンソールで確認していきましょう。

順位が急激に下がり、戻らない場合にはペナルティーを受けている可能性もあります。

※ペナルティーについてはこちらの記事にまとめましたので、よろしければご参考にしてください。

不動産のSEO【ネガティブSEOについて】

ホームページやブログの記事を書いているライターさんなどは、最初からキーワードなどは決められていて、それに沿って記事を書いていくという事が多いのですが

・タイトルや文中のキーワードが多くなりすぎてしまう。
・タイトルと記事の内容にズレが生じている。(不動産用語が難しいので、依頼内容にズレが生じる事がある)
・すでに他のWebサイトで同じような記事が掲載されているので内容によっては、コピーコンテンツ扱いになる可能性もある。


Googleのガイドラインにはキーワードの乱用についてこのように書かれています。

キーワードの乱用

「キーワードの乱用」とは、Google の検索結果でのサイトのランキングを操作する目的で、ウェブページにキーワードや数字を詰め込むことです。このようなキーワードは多くの場合、リストやグループの中に、または他の部分から切り離されて独立して(自然な文章としてではなく)出現します。ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。

キーワードの乱用の例としては、次のようなものが挙げられます:

  • 実質的な付加価値のない電話番号の羅列。
  • ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキスト。
  • 同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。例:
    当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース スペシャリストまで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください。

Google品質に関するガイドライン・キーワードの乱用より

キーワードの詰め込みすぎを防ぐポイント

過剰なキーワードによってペナルティーを受けてしまわないようにポイントをみていきましょう。

・特定のキーワードのみに偏らないように設計する。
・キーワードの羅列と誤解されないように検索エンジンに伝わるマークアップをする。
・年表やグラフなどは画像にするなどして、検索エンジンに誤解されないようにする。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう