不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識⑥〜サイト改善〜

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア

SEO対策を始めるベストなタイミングは

ありますか?

季節商戦にSEO対策を間に合わせたいのですが

いつごろ始めればよいでしょうか?

『不動産 サイト改善』
『不動産 サイト改善 ポイント』
『不動産会社 SEO対策』

で、現在1位です。
サイト改善とSEO対策についてまとめました。

サイト改善関連キーワード順位表

SEO対策にベストなタイミングは、Webサイトのリニューアル時やWebサイトの新規オープン時などです。また、季節商戦に合わせてSEO対策を行いたい、会社の戦略でWebに力を入れることになった、商材の専門サイトを運用していきたいという場合には、積極的な対策を取る必要が出てきます。

外部のコンサルに委託した方がよいのか?』『できるだけ自社で対応するべきなのか?『SEO対策のタイミングはいつがよいのか?』などの疑問をお持ちでWebサイトの状況を改善したい方は、必ずチェックしておいてください。

季節商戦に合わせたSEO対策とは?

Googleトレンド:「トイレリフォーム」と「キッチンリフォーム」のキーワード

年末商戦などの季節商戦に合わせてSEO対策を進めておきたい場合があるでしょう。

インターネットからのアクセスも増え、売り上げを上げやすい季節商戦に合わせてコンテンツの見直しを行っておくのがタイミングとしては適切です。しかし、すぐに効果がでないことも考慮しておかなければなりません。一般的には3か月前〜6か月程前から準備しておくことが多いです。

なお、季節商戦などは「販促カレンダー」や「Yahoo!ラーニングポータル」「Googleトレンド」などは役に立つので必ずチェックしておくようにしましょう。

Yahoo!ラーニングポータルでは、業種別のマーケットトレンドなどかられは、いつ、どのような広告を出稿するのが効率がよいのかなどの参考にすることができます。

Googleトレンドでは、検索キーワードのトレンドや過去データから年間を通じて特定のキーワードの検索需要を確認することができます。

Googleのアルゴリズムを理解する

Googleのアルゴリズムが変化しているので、SEO対策は難しいと思っていませんか。

ここで、基本的な基準を意識しながら実践するだけで上手くいくかどうかが決まってきます。これが何かというと、『ユーザビリティ、クローラビリティ、個別のページの評価、Webサイト全体の評価』を意識することです。

ユーザビリティはユーザーからみた使い勝手の良さ、クローラビリティは検索エンジンからみたコンテンツの把握のしやすさ等です。両者には重なる部分も異なる部分もあります。重なる部分は併せて対策が可能ですが、異なる部分はバランスや優先順位を調整しながら進めていきます。

コンテンツを増やして個別のページの評価を上げておくことで、Webサイトの評価も少しづつ上がっていきますが、Webサイト自体の評価が低いと個別のページを増やしても、順位が上がりにくいので注意が必要です。

つまり、 『ユーザビリティ、クローラビリティ、個別のページの評価、Webサイト全体の評価』の全てを意識しておくということが重要なのです。 

これは、Webサイトの構成が読み取りにくくHTMLなどの記述が正しくない状態で、コンテンツを増やすよりもバランスを考えた方が効率良く改善できることが多い、Webサイト自体の評価を上げておくことで個別のページの評価も上がりやすくなるということがいえます。

長期的にはSNSの活用も視野に

NTTドコモモバイル社会研究所:SNS利用率調査

今までは「紹介でビジネスが成り立っている」「チラシやリアルの営業のみでやってきたから」というような場合、Webサイトの改善やSEO施策、SNSの運用なども、あまり積極的ではないかもしれません。

しかし、そうではない会社はすでに対策をし始めています。

モバイル社会研究所(NTTドコモの社会科学系の研究所)のレポートによると、スマホからのSNS利用率は無視できない数字です。年代別にみたSNS利用率に差はあるものの10年先まで見据えると、SNSの利用率なども視野にいれておくべきでしょう。

NTTドコモモバイル社会研究所:年代別SNS利用率

現在でも、 InstagramとWebサイトの連携によって販路拡大につなげている事例も多く、 業種によっては上手に活用することができています。

また、Facebook広告では、自社の商品やサービスを購入した顧客と同じような興味や行動履歴を持つユーザーのみをターゲットにしたり、Webサイトにアクセスしたユーザーと類似した新規のユーザーをターゲットとして広告配信を行うなど、細かなターゲティング手法があるので利用している企業も多いです。

SEO対策と同時に、ブランディングや集客などにはSNSの活用なども視野にいれておくとよいでしょう。

ブログはオリジナリティを出せる

他社との差別化がしやすいブログは、 オリジナルのコンテンツを作ることができるので、SEO上でも評価が上がりやすくなります。 

紙媒体では表記揺れはNGですが、Webサイトではあえて表記を揺れさせることで複数のキーワードに対応させておくこともあります。

この場合、検索エンジンには別の用語として認識されるケースと、キーワードを構成している単語として認識されるケースとがあり、日頃からキーワードに触れておくことで、少しづつ感覚がつかめるようになります。

Webサイト改善とSEO対策の相乗効果を

今回は「SEO対策」がテーマですが、SEO対策とWebサイトの改善を併せて検討することによって相乗効果が得られるので、Webサイトの底上げができるように長期的なコンテンツの形成にお役立てください。

また、SEO対策といってもWebサイトの状態によっては難易度が異なり、コンテンツの方向性は自社の営業戦略とも密接であることから、総合的な判断が欠かせません。しかし、効率良くWebサイトを改善することができれば今後の運用もラクになるでしょう。

正しい知識をもって、いずれにせよ余裕をもって計画を立てることが重要だと思います。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう