【不動産のSEO対策】キーワード選定のポイントとおすすめの無料ツール3つ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア

インターネット検索で上位に表示されやすい
キーワードを知りたい。

どんなキーワードにすれば読まれやすいのか、
問い合わせなどが増えるキーワードなどはありますか?

『不動産会社 SEO』
『不動産 ブログ キーワード』
『不動産 集客 キーワード』
で、現在1位です。
不動産会社のキーワード選定と無料ツールについて
まとめました!

不動産会社のキーワード選定では「ロングテールキーワード対策」「物件名でのキーワード対策」「地域名でのキーワード対策」「物件の条件でのキーワード対策」などが重要です。


しかし、これは一般的な対策です。
社宅や倉庫などの専門の物件を扱うために特定のテーマに特化させたり、不動産投資の専門のテーマを扱ってサブサイトとして運用したりと、視点を変えたキーワードの知識も必要になります。

最初のうちはどうしても、キーワード選定が上手くいかなかったり、選定してもどのように記事を書いていけばいいのか迷ってしまうこともありますので、今回は、まずは無料のキーワードツールに慣れながら、語感を磨いていただければと思います。

キーワードの種類と使い方のポイント

適切なキーワード選定をする上で、一般的には使われているキーワードは「関連キーワード」を指していることが多いと思います。

よく「キーワード」と言われていますが、その種類や使い方があるので、ここでは少し、概要をまとめておきます。

代表的なキーワードの種類

・再検索キーワード:検索結果の一番下に「関連キーワード」と表示されるのが再検索キーワード

サジェストキーワード:検索でキーワードを入力している途中で表示される候補

関連キーワード:メインのキーワードと一緒に検索されるキーワード

・ロングテールキーワード:複数の検索ワードの組み合わせで検索されるキーワード

LSIキーワード:キーワードに関連性の高い用語(共起語)

・エンティティ:本質という意味で、物事を構成する要素

キーワードについて少し掘り下げながら、ポイントをみていきます。

再検索キーワード

再検索キーワードは検索結果の一番下にスマホでは「関連キーワード」と表示され、PCでは他のキーワードと表示されます。

PCとスマホでは異なっているので、両方チェックしておくとよいでしょう。

「東京都 空き家」で検索した人が、次に検索する「東京都 空き家 数」や「東京都 空き家バンク」などが表示されています。

サジェストキーワード

サジェストキーワードは検索キーワードを入力している途中で表示される候補のキーワードです。サジェストには実際に検索されたキーワードの他に、地域キーワードや検索履歴などが反映されたものが表示されます。

関連キーワード

メインのキーワードと一緒に検索されるキーワードで、サジェストも含まれます。

キーワードを入れなければ検索されませんが、入れすぎるとかえってマイナスになることもあります。不必要に入れすぎたり飽和状態のテーマではキーワードを入れすぎるとコピペチェックでキー一致率が上がってしまい、マイナスになることが多いです。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは複数のキーワードの組み合わせで検索されるキーワードで、3、4語で、構成されていることが多いです。

LSIキーワード

LSIキーワードはキーワードに関連性の高い用語(共起語)で、検索エンジンが混同しそうなテーマやキーワードが含まれている場合には、LSIキーワードを適切に含めておくと、しっかりと読み取ってもらえる可能性が高くなります。

エンティティ

エンティティとは本質と言う意味で、そのキーワードの本質を表すものです。関連キーワード、LSIキーワード、同義語などとも異なります。語感を鍛えないとみにつかないので、日常の中でテキストやキーワードに触れていくか、都度調べるしかないので、ここは少し難易度が高くなります。

キーワードの難易度をチェック:無料ツール1

これまで、たくさんのブログをみてきたのですが、最初から難易度の高すぎるキーワードばかりを狙ってしまい、なかなか順位が上がらずに伸び悩んでしまうことがあります。

それでもコツコツと続けることができればいいのですが、検索数が多く難易度が低いキーワードを選ぶのがおすすめです。

まずは、無料のキーワード難易度チェックツールでSEO難易度の目安をみていきます。今回はキーワード難易度チェックツールを使っていきます。
「キーワード難易度チェックツール」と「rishirikonbu」の2種類のツールでみていきます。
・中古マンション
・不動産 恵比寿
・不動産 仲介手数料

 

【キーワード難易度チェックツールでみた結果】

候補キーワード SEO難易度
中古マンション        78
不動産 恵比寿      31
不動産 仲介手数料        52

>>キーワード難易度チェックツール

 

【rishirikonbuでみた結果】

>>rishirikonbu


今回はどちらのツールでも同じ結果でしたが、無料ツールでは場合SEO難易度が正確に計測できないこともあるので、複数のツールで比較してもいいと思います。

上位サイトの見出しのキーワード率:無料ツール2

今回は「中古マンション」というキーワードでの上位サイトの構成をみていきます。

 ・1位のサイト 

・titleに対してそれぞれの見出しに共起語が入っています。赤色の文字が共起語になります。
・titleには「中古マンション」「マンション購入」「情報」のキーワードを入れています。
・titleの「中古マンション」「マンション購入」「情報」のキーワードのうち、見出しと重複しているキーワードはh3の「中古マンション」1箇所のみです。(見出しが14個もある中で、title内のキーワードと重複しているのはたった1箇所にとどめられています。

 ・2位のサイト 

・titleには「中古マンション購入」のキーワードを入れています。
・2位のホームページは都道府県別、路線別、おすすめの物件などはテキストでの見出し(h1〜h2)にはせずに、spanタグからリンクを貼ってスッキリと見せています。

 ・3位のサイト 

・titleには「中古マンションの購入」「物件情報」のキーワードを入れています。
・titleの「中古マンションの購入」「物件情報」のキーワードのうち、見出しと重複しているキーワードはh1の「中古マンションの購入」1箇所のみです。

>>ヘッドラインチェッカー

「中古マンション」というビックキーワードでいえることは、titleと見出しのキーワードを重複させすぎない、キーワードには「中古マンション」「購入」「情報」などを含めた方が良さそうだということがいえると思います。

月間検索数と関連語をチェック:無料ツール3

例えばなにか調べたいことがあって、キーワードを入力します。そのキーワードでの1位の検索数はどれだけあるのか、まずは検索ボリュームがある程度あるキーワードということを考えておく必要があります。

検索予想ツールで、チェックしていくことをおすすめします。

キーワドの理解を深めよう

ここまでみていくと、無料ツールでキーワードの難易度、タイトルや見出しでのキーワードの使い方、検索ボリュームなどがわかるので上手にツールを使うことで有利に進めることができることがわかると思います。


「インターネット検索で上位に表示されやすいキーワードは?」

と聞かれると、「検索難易度が低いキーワードです。」

と答えてしまいますが、上位に表示されても検索数が少なすぎる場合や、問い合わせに繋がりにくいキーワードもあります。


問い合わせに繋げるキーワードを入れた記事とそのキーワードを強くするための関連キーワードを入れた記事とに分けたり、SEOの構成の知識も必要になりますが、大切に育ててきたブログやホームページを資産に変える知識を身につけることが重要です。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう