【集客できるブログやホームページ】に必要な知識!上手くいかない理由も解説!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア

ブログやホームページから
集客できるようになるには
どうすればいいのでしょうか?

記事コンテンツを増やしても
順位があがらずに集客にも
つながりません。

多くの人がブログやホームページで集客をしたいと考えています。

さて、集客でお悩みの方は、何を学ぶべきでしょうか?

この記事はWeb集客でお悩みの方が改善に取り組む前に、考慮すべき点に焦点をあてています。

集客できるブログやホームページに必要な知識5つ

なぜ、ブログやホームページで集客ができないのでしょうか?

その理由は、必要な知識を身につけることで理解が深まります。知識が足りていないとなぜできないのか、理解ができません。

「Webライティング検定を受けたりSEO対策のセミナーを受講してもうまくいかない」「改善したくても手が回らない」という方は、答えがみつかる可能性があります。

ここでは集客できるブログやホームページに必要な知識を5つ、解説していきます。

  1. ブログやホームページの構成の知識
  2. 集客、営業、マーケティングの知識
  3. SEOの知識
  4. SEOライティングの知識
  5. 業界や商品の知識

①ブログやホームページの構成の知識

無駄なく効率的に伸ばしていくには、ブログやホームページの構成が大切です。SEOを得意としているWeb制作会社が制作したWebサイトは、効率よく順位が上がるように作られていることが多いです。

そう考えると、構成を考える段階で不利になっていることがよくあります。最初にホームページを作るときには、デザインのイメージ、ターゲットや顧客について、予算、アピールしたい情報、希望のページ構成などをヒアリングして作成していきます。

けっきょくのところ、その設計図からどのようなWebサイトなのかを検索エンジンが読み取っていますので、設計図が読み取りにくい場合、インターネット検索でも上位に表示されるまでには時間がかかります。

ブログやホームページによっては、記事コンテンツを増やすよりも、構成を少し変えるだけでも検索順位に影響を与えることもあります。 どのような情報を扱っているWebサイトなのかを分かりやすく検索エンジンに伝えることができなければ、いくらコンテンツを追加しても順位が上がりにくくなります。 

Webサイトを作る段階で、SEO対策をしてくれる制作会社とそうでない会社とがありますので、発注、運用の際にも一定のWeb制作の知識、ディレクションの知識が必要です。

②集客・営業・マーケティングの知識

また、集客、営業、マーケティングの知識も大切です。

ホームページやブログを読んでもらうためには、どこからどのようにアクセスを促すのかを考えておきます。後で改善できるので前もって考えておきましょう。

ピンとこない方は別の記事の「集客ファネルの作り方」が、分かりやすいので、ぜひ読み進めてみてください。

たとえば、集客できない理由としては「集客に必要なコンテンツが用意されていない」「特定のページの順位を上げたい場合にアシストできるコンテンツが足りていない」「そもそも記事コンテンツが不足している」などがあげられます。

Web集客と実際の営業を組み合わせて集客している場合も多いので、不足しているコンテンツを補うためには、集客、営業、マーケティングの知識がないと難しいのです。

なお、くどいようですが、どのような情報を扱っているWebサイトなのかが上手く伝わっていないと、コンテンツを追加しても結果が出るのに時間を要します。

③SEOの知識

インターネット検索で表示されなければ、読まれる可能性は少ないのでSEO対策は必須です。広告からキーワードに対応させた集客を行っている場合、Webサイトへのアクセスが増えるのでSEO的にも有利になります。

Googleの品質アルゴリズムで質の高いサイトと見なされるには、一般的なガイドラインと品質に関するガイドラインに目を通しておくことをおすすめしますが、Googleが質の高いコンテンツと評価する要素は大きく3つあります。

  1. 独自性のあるコンテンツ
  2. 質の高い被リンクや関連性のある外部リンク、内部リンク
  3. スパムやクローキングなどの違反をしない

従来はタイトルや見出しにキーワードを入れることが必須でしたが、最近は文脈を読みとってくるので、記事コンテンツは長文で分かりやすく細分化するのがおすすめです。

 関連記事 損をしないリンクとURLの貼り方

④SEOライティングの知識

ここではSEOライティングについて解説していきます。Googleのアップデートによりコンテンツを解析する能力が上がっていますので、基本的なルールを関連記事からピックアップしました。

タイトルや見出しにキーワードを入れるだけではなく、本文の内容が見出しとタイトルの評価につながりますので内容重視です。

紙媒体の雑誌や新聞などは、読みたい場所から読めるのでどこから読んでも同じように整合性のとれた文章ですが、Webのコンテンツでは、上から順番に読み進めていくので、PREP法やSDS法などで書かれていることが多いです。

PREP法は短い時間でもストレスなく読み進められるので、スマホからでも読みやすい文章になります。

最初に結論を伝え、次にその理由を説明、事例で理由を補強し、最後に結論を再度提示しますが、見出しの直下にキーワードや結論を上手く入れ込む工夫が必要です。

 関連記事 キーワード選定と無料ツールのおすすめ

⑤業界や商品の知識

ブログやホームページを作成する知識があっても、業界や商品の知識がないと、インターネットで検索した内容をただまとめるだけの記事になってしまいます。 専門的な資格を有している方や、業界の知識がある方、自社の商品やサービスに対して顧客目線で見られる方は、上手くいきやすいと思います。 
顧客の悩みに対して、最善の解決策を提供できるからです。
ユーザーは書かれている内容を信用しない傾向があるので、具体的な内容や事実などの情報で信頼性を高めるためには、専門性があることは強みになります。

上手くいかない本当の理由とは

①のブログやホームページの構成の知識では、Web制作やディレクションの知識が必要ですが、構成以外にもデザインやカラーなどの雰囲気が悪ければ、内容も読まれない傾向にあります。

Web集客が上手くいかない理由として、多くの場合は「構成が読み取りにくく、デザインや雰囲気などに違和感がある」「集客の導線ができていない」「SEOライティングで損をしている」「業界や商品の知識が不足している」などです。

本来は、Web制作の知識がある人、マーケティングの知識がある人、SEOライティングの知識がある人、業界や商品の知識がある人でチームを組むのがベストでしょう。

Web制作の知識があっても業界の知識が不足していたり、マーケティングの知識があってもSEOライティングの知識が不足していたり、SEOライティングの知識があってもWeb制作の知識が不足しているということが普通だと思います。

必要な知識を補うことができないのが、上手くいかない理由です。

集客できるブログやホームページは総合力が大事

集客できるブログのポイントは、SEOライティングで上位表示をさせながら、集客できる導線を考えておきます。いずれにせよ「知識+コツコツと継続する」ことが必要です。

最後に『集客できるブログやホームページに必要な知識』についてまとめます。

  • Web制作やWebディレクションの知識:サイトの構成、デザイン、イメージ
  • 集客やマーケティングの知識:集客の導線
  • SEOの知識:インターネット検索に最適化
  • SEOライティングの知識:インターネット検索に最適化
  • 業界や商品の知識:独自性や専門性、信頼性で差別化

どのあたりが弱いのか、足りていないのかを把握しながら、改善していきましょう。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう