不動産業界のWebライティングで集客を強化するコンテンツの作成について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア

不動産業界では企業の運営において、利益の拡大や差別化のためにはWebコンテンツが欠かせません。そして、Webコンテンツに必要不可欠なのが「Webライティング」です。

しかし、不動産に関するWebライティングは多岐にわたっています。インターネットが浸透している現代では、ホームページやブログでの情報発信の重要性が高まっていることは分かっていても「Webマーケティング」「Web集客」「SNS集客」の知識を持ってコンテンツを組み立てているケースは多くはありません。

そこで、今回は、不動産業界のWebライティングで「集客を強化するコンテンツ作成」について知りたい、Webライティングについて学びたい、またはビジネスに活かしたいという方に向けて解説していきます。

Webライティングの種類と特徴

不動産Webライターは不動産関連のライティングをしますが、集客を強化するという視点を加えるだけで難易度が上がります。その理由を説明する前に、まずはライティングの種類とジャンルについて理解しておくとよいでしょう。

■主なライティングの種類

  • セールスライティング
  • コピーライティング
  • SEOライティング
  • Webライティング
  • SNSライティング

■主なジャンル

  • ランディングページ・広告
  • 記事LP
  • オウンドメディア・ホームページ
  • ブログ・コラム
  • 取材記事
  • メールマガジン・ステップメール・DM
  • ホワイトページ・電子コンテンツ
  • 音声や動画からのテキスト化
  • SNS・SNS広告

セールスライティング

セールスライティングでは、商品を販売するためのライティングの知識が必要です。ストーリーの作り方、リサーチ力、セールスのプロセスの組み立てから行います。
(ランディングページ・記事LP・メールマガジン・ステップメール・DM)

コピーライティング

コピーライティングでは、商品を販売するためのライティングの知識が必要です。広告や宣伝をするためには、マーケティングやリサーチ力、流行なども取り入れます。
(広告・ランディングページ・記事LP)

SEOライティング

SEOライティングでは、インターネットの検索結果で上位に表示するための検索エンジンのアルゴリズムの知識が必要です。Googleの品質評価ガイドラインの他にも実戦で検索されるキーワードやウェブサイト全体の構成の知識が欠かせません。
(ランディングページ・記事LP・ブログ・コラム)

Webライティング

Webライティンでは、紙媒体とは異なるWeb上でのライティングの知識が必要です。PCやスマートフォンからスクロールして読みやすいライティング、体型的に記述する紙媒体に近いライティング、検索エンジンに評価されるライティング、面白さや読みやすさ、目を引くためのライティングなど、さまざまな要素が必須です。
(Web上のあらゆる文章)

SNSライティング

SNSライティングでは、SNS投稿文やSNS広告文を作成するためのライティングの知識が必要です。単にSNS用のテキストを作成するだけでなく、Webサイトへの流入経路や導線の設計も欠かせません。
(Twitter・Instagram・Facebook・Pinterest)

業種別のWeb集客のポイント

先にあげた「Webライティングの種類と特徴」をふまえて、業種別のWeb集客のポイントを理解することで、より現実的に自社にあった集客方法を検討することができます。

「注文住宅の販売をメインに不動産仲介も行っている」「収益物件の仲介のみではなく管理にも力を入れていきたい」「建設業に加え不動産仲介にも事業を広げていきたい」など営業戦略や事業展開も考慮に入れておくようにしましょう。

不動産賃貸・購入・売却

不動産賃貸・購入・売却では、コンテンツマーケティングの難易度が上がっています。ブログやコラムから検索順位を上げるためには、Webサイトの全体の評価を踏まえて検索キーワードに対してどの程度のクオリティーの記事にすればよいのか、競合サイトの調査に基づいたライティングをしていきます。コピーコンテンツを避ける言い回しや競合サイトよりも評価されるコンテンツを意識しています。

不動産投資・マンション投資

不動産投資・マンション投資では、セミナーや勉強会などを入り口にして潜在顧客へのアプローチをする集客方法が一般的です。参加を促すためのランディングページやインターネット広告、SNSやSNS広告を活用していくためには、インターネット検索で上位に表示されるSEOライティングの知見が必要です。

注文住宅

大手ハウスメーカーと中小工務店では、集客の導線や戦略が異なっています。完成見学会、モデルハウスなどへの来訪につなげるためには、オフラインとオンラインの両方からのアプローチが重要です。「どのような家が欲しいのか?」というお客様視点での施工事例が中心となりますが、ブログやSNSとの相性がよいといえます。

リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーションでは、ホームページへの主な集客は「SEO対策」「インターネット広告」「SNS」が鍵になります。地域に密着することで地域キーワードからの検索にも強くすることができます。SNSで潜在顧客へのアプローチをし、ブログで顕在顧客へのアプローチをするのが一般的な方法です。

建設業

建設業は29の業種に分類されており、土木一式工事業、建築一式工事業、専門工事27業種があります。それぞれの業種でホームページやブログで掲載すべきコンテンツには違いがあります。BtoB(法人が顧客)とBtoC(個人が顧客)ということだけでも、Webコンテンツに必要な情報は異なります。

不動産業界のWebライティングが難しい理由

不動産Webライターの難易度が高くなる理由としては「似たような不動産を扱っているので、差別化が必須である」「すでに多くのコンテンツが存在しているので競争が激しい」「宅建業法や景品表示法などの不動産の広告のルールが厳しい」などがあげられます。

不動産会社のホームページやブログでのお悩み事例を詳しく知りたいという方は「不動産会社のSEO対策!知っておくべき重要事項5つ【決定版】」をご参考にしてください。

 関連記事 不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識①

 関連記事 不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識②

 関連記事 不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識③

 関連記事 不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識④

 関連記事 不動産会社がSEO対策で知っておきたい知識⑤

不動産Webライティングまとめ

冒頭でも述べたとおり、企業の運営において「Webコンテンツに必要不可欠なのがWebライティング」です。

正しい知識を持って臨まないと回り道をすることになります。検索エンジンのアルゴリズムでは「検索キーワード」によっても、読み取り方が変わります。また検索順位によっても1ページ目のアルゴリズムと2ページ目以降のアルゴリズムでは異なっている点もあります。

知識を深めて密度の高い情報を発信していくようにしましょう。

・Home へ

・Profile を見てみる

・よく読まれている記事へ

・不動産のSEO のサービスを見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう